上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
気がつけばとなりのダンナとペアルック(神奈川県・武宮素世さん)




「通販川柳」をテーマに、8月1日から9月20日にかけて募集した第一回「通販川柳」に、全国から約6万句の応募があったそうです。

ちなみに大賞はこちら。
「好きな家事?選択かしら・・・」カタログで(兵庫県・中村友子さん)

優秀賞
網じゃなくネットで入手甲虫2匹(山口県・筆ペンさん)
あらいいわ あけたとたんに もういいわ(埼玉県・兔のラッキーさん)
スポンサーサイト
2005.10.26 Comment:0 | TrackBack:0
2月10日の「朝日川柳」より

「セントレアどこだどこだと世界地図」 川崎市・竹内功さん


セントレアは英語の「セントラル」(中部)と「エア」(空)を合わせた造語。来年3月20日の合併に向かって、愛知県美浜町と南知多町の法定合併協議会でいったん決定した名称が「南セントレア市」。17日開港の中部国際空港の愛称が「セントレア」で、空港がある常滑市の南に位置していることから「南セントレア市」という名に決定したそうだ。
最初聞いたときは「へっ!?」とびっくりしたけど、「まあ、それもありかなぁ。見慣れれば素敵な名前じゃん?」と楽観していたら、やっぱり反対が多かったようだ。




「思い出も伝統も消すカタカナ市」 名古屋市・潮田茂さん


このふたつの川柳が載っていたの横に、岡山県の高校生の投書「安直な新市名 歴史はどこに」があった。

「しかし、『最近の若者は学習しない』と大人が批判する資格はないと思う。(中略)最近の新地名には平仮名や語呂合わせが目につく。すべて大人が考え出したものだ。根を下ろした漢字文化の地名に、簡易さや観光が優先されるようでは、とても子供だけを批判できない。合併が行われ新しい地名を考える場合は、せめて今ある地名が生まれた歴史的背景を熟慮して頂きたい」


地名は、歴史に刻まれていくもの。地球の大きさに比べたら、とてもちっぽけな町だったとしても。
目新しさや語呂のよさだけで決めてはいけないか。うーん。
2005.02.10 Comment:0 | TrackBack:0
11月18日(木)朝日川柳より

ソウル便シャトルは女性専用機(千葉市 奥山利彦)

おもしろい川柳なので、そのうちBLOGに書こうと思っていたんですが、とうとう「冬ソナ専用機」ができたようです。3月25日までの期間限定だそうですが、利用が多ければ延長されるかもしれませんねぇ。
でも、寒そう。冬ソナだから、そのほうがいいのか・・・。
2005.01.06 Comment:0 | TrackBack:0
24日(金)朝日新聞「朝日川柳」より

「宝くじ たの字が消える大晦日」   (大阪市 松山春一さん)


当たった人が羨ましい!?
2004.12.31 Comment:0 | TrackBack:0
奈良の小1女児殺害事件の誘拐容疑者が、やっと逮捕されたようですね。



日付と詠み人を失念しましたが、朝日川柳より

「来る年はサル福をトリ返す年」


干支にひっかけてあるんですねぇ。うまいなぁ。“来年は去る(去っていった)福を取り返す”
ほんと、来年は「福」を取りかえしたい。取り放題でもいいぐらいです。
2004.12.30 Comment:0 | TrackBack:0
23日(木)朝日新聞「朝日川柳」より

「見回せばドン・キホーテのよな我が家」 (さいたま市 脇田徹さん)


限られたスペースに、たくさんのものをしまおうとするあまり・・・ひとごととは思えない一句です。
思えば、乱立する高層ビルも立体駐車場も「圧縮陳列」みたいなものですね。大地震が来たら、東京は・・・。ゴジラも大暴れしにくくなりました(^^;)
2004.12.24 Comment:0 | TrackBack:0
12日(日)朝日新聞「朝日川柳」より

「一年も延長すれば駐屯地」  (茨城県 佐藤幸雄さん)


「反対!」の声が小さかった? 小泉首相の耳は、二重ガラス二重ドアなんだ。間違いない!
2004.12.16 Comment:0 | TrackBack:0
12日(日)朝日新聞「朝日川柳」より

「天功が招かれた訳がよく分かり」(伊勢原市 佐藤裕さん)


ニセの遺骨に合成写真。夫も別人?
横田めぐみさんは、どこに隠されているんだろう?
ご両親の心労を思う。
2004.12.15 Comment:0 | TrackBack:0
本当のおれの電話が疑われ  (朝日川柳より)

いつだったか、新聞の川柳欄に掲載されていたこの句、すっかり覚えてしまった。
「オレオレ詐欺」も手口が多様化し、最初の頃は家族を装っていたものが、最近では警察官や弁護士、保険外交員が登場したり、医者の家庭を狙ったりするケースも増えている。そのため、警察庁は「オレオレ詐欺」を改め、「振り込め詐欺」に変更したとか。

「振り込め詐欺」は、オレオレ詐欺をはじめ、架空の誘拐話で身代金を脅し取る恐喝事件や、アダルトサイトの利用料金名目などで請求書を送りつける架空請求詐欺、融資を装って申込者から保証金をだまし取る融資保証金詐欺の総称。いずれも銀行口座に現金を振り込ませる点が共通しており、警察庁のまとめによると、今年1~10月の振り込め詐欺の被害額は約222億円に上る。

http://www.asahi.com/national/update/1209/032.html



気が動転しているところへ、犯人の言葉巧みな暗示にかかってしまうのだろうけど、なぜ確認もしないで振り込んでしまうのかなぁ?と思う。何かしらの方法で、事実確認できるんじゃないかな。疎遠になっている親戚を装っていたとしても、まったく不信感を感じないはずないと思うんだけど。これも、コミュニケーション不足の世の中が生み出した犯罪だね。
2004.12.09 Comment:0 | TrackBack:0
トリンプ下着川柳コンテスト入選作より

「冬ソナを勝負下着で見てる母」


冬ソナ現象、ここまできたか。テレビ画面の中のヨン様のため?、勝負下着を着けるのめりこみ具合が凄い。
2004.09.26 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。