上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「わが歩む落ち葉の音のあるばかり」   杉田久女


      季語:落ち葉


かさかさと落ち葉を踏みしめて歩く季節になりましたね。
美しい句です。
スポンサーサイト
2005.11.12 Comment:0 | TrackBack:0
新米の栗ご飯とは罰当り(名古屋市・藤田恭)


    新米、栗・・・秋の味覚を取り合わせて、ぜいたくでバチが当たりそうなよろこび。
    
2005.11.02 Comment:0 | TrackBack:0
一頭の鹿殺されて肉となり角に雨降る里の秋なり(神奈川県・尾崎裕美)

吾子逝きて十年泣く日日病める日日笑うより他良薬はなし(福知山市・横下正子)


2005.11.01 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。