上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
白黒に分けられぬこと多ければ明日の曖昧をわれに許さん
スポンサーサイト
2007.02.28 Comment:0 | TrackBack:0
黄落の光(かげ)ふみて行く今朝の冬私もすこし色深くなる
2007.02.27 Comment:0 | TrackBack:0
陽に輝やく桜紅葉の下を行く寄りかかるもの失くして吾は
2007.02.26 Comment:0 | TrackBack:0
短歌人3月号が届いた。
思いがけなく「作品月評 会員2」のページに、1月号に掲載された私の歌が取り上げられていた。
評をするためであれ、向き合って読んでくれる方がいるというのは有り難いことだ。


「アルタ前、午後六時半 その人は雨の匂いをさせて会いに来る」


この歌は、題詠100首blogで詠んだ。お題は「匂い」。
その人と会う日は、雨降りになることが多かった。。。いや、多い。と、現在形にしておこう(笑)
2007.02.25 Comment:2 | TrackBack:0
生卵の黄身が破れて流れ出すさらってほしい光の中へ

               杉森多佳子『忍冬 ハネーサックル』より



歌人・奥村晃作氏のHP日記で、杉森多佳子さんの第一歌集『忍冬 ハネーサックル』が紹介されていた。
ちょうど今の歌会のお題が「卵」なので、この歌がとくに気になった。

卵の黄身自体が「さらわれたい」などど思うはずもないが、内側から殻を壊す力を失えば、そのまま腐っていくか、外的な力で壊されるのを待つのみである。
黄身=作者(自分)と置きかえてみれば、閉塞した現在の状況から抜け出すために他力を欲している心情と読める。
閉じ込められている場所から、私を救いだしてほしいという切迫した気持ちを感じる。

「さらって」ほしい気持ちは、私にも多少覚えがあって・・・、でも、それは私だけではないだろうと思う。女性なら。
たとえば、白馬に乗った王子様を心の奥では待ち望んでいるような。
実際にそんなおとぎ話のようなことは起きることは少なくて、あきらめて一生を過ごすのが大方で、あるいは自分の力で幸せになるしかないのだ。
それでもやはり、「さらって」くれるかもしれないと淡い期待を捨てきれないのも女なのだ。
2007.02.24 Comment:0 | TrackBack:0
ささやかに満たされており明日君に抱かれる足にペディキュアを塗る
         
        
            第66回うたう☆クラブ 加藤治郎コーチ

2007.02.23 Comment:0 | TrackBack:0
老いたれば悲しみごとも深からず朗らかに人の死をば語らふ

            村野次郎/『樗風集』



達観する、諦念、、、、つまり、そういうことだろう。
2007.02.22 Comment:0 | TrackBack:0
くるくると回転させて楽器より唾を抜きたりホルン奏者は(八尾市・水野一也)

これだけは委せられぬと睫毛まで粉を吹かせて妻が蕎麦を伸す(山形県・清野弘也)

散骨は海か山かと思案する抗癌剤を断りし帰途(土浦市・内田亮三)






2007.02.19 Comment:0 | TrackBack:0
知り合いに勧められて投句してあった句が、俳句結社誌「風花」1月号に掲載されました。


君を待ち紅をさしたる酔芙蓉

名を呼べど叶はぬことか秋簾

戯れの恋とはいはず月隠る



酔芙蓉の句は、12月号にも掲載されていました。
私がミスして二重投稿したのかも知れません。
2007.02.18 Comment:0 | TrackBack:0
アスファルト押し上げて咲く蒲公英よ和毛(にこげ)となりて飛ぶまでを咲け

生物が三〇〇〇万種いるという地球の上で私も一種

芽を出した水仙の株は手袋のようきっと兎の手袋だろう

壁に貼る地図がびりびり破れてるそんな世界にわれわれは住む

三秒に一人ずつ子が死んでいく食べ物がない我らが星に

海豹(あざらし)の胎児に瞳ができるころ海よ静かにさらさら歌え


          2月16日朝日新聞夕刊より
2007.02.17 Comment:0 | TrackBack:0
その国が地球のどこか知らずとも珈琲を淹れコスタリカ産

              小林秀子/『昏昏』
2007.02.17 Comment:0 | TrackBack:0
参加します。前回100首詠む目標を達成できたので、長年考えていた短歌結社(短歌人)に入会しました。
きっかけを与えてくださった五十嵐きよみさんに、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2007.02.16 Comment:0 | TrackBack:0
永遠につづきの書かれぬものがたり題名ばかり指でなぞった(なまねこ)

題名は決めていないので読み終えた後にあなたがつけて下さい(お気楽堂)

題名のいらない絵画になりましょうそしてずうっとここにいましょう(末松さくや)

神様が好き放題に踊らせるこんな世界のあなたとわたし(田丸まひる)

ありふれた僕等の夏をうたい継ぐ題名もない言葉の行方(内田誠)
2007.02.16 Comment:2 | TrackBack:0
秋の日の画鋲が壁に刺さりゐてあるいは死後のごときしづけさ(春畑 茜)

よのなかのことばのなかであのひとをふかく刺すのをさがしています(花夢)

自転車も犬も私も影長く 有刺鉄線に日没が来る(ことら)

柔らかく絡む奴ほど解きにくい かなしく乱れだす刺繍糸(星川郁乃)

切なさに刺されたままで考える愛のかたちはパルス波みたい(癒々)
2007.02.16 Comment:0 | TrackBack:0
不甲斐なきジーコジャパンを見するゆゑ夜のテレビをわれは叱りぬ(春畑 茜)

ちかよるとかまれるからとしいちゃんは暗いテレビのそばに寄らない(中村成志)

弱ってくテレビの上のサボテンが悪いニュースを聞かされ続け (透明)

「テレビでは」と陽水歌ひき彼の日まで忘れし傘を探しにゆかむ(今泉洋子)

独白(ひとりごと)抱えて会話をするように親しい深夜のテレビ番組(小軌みつき)
2007.02.15 Comment:0 | TrackBack:0
水桶に浅蜊の口はひらきをり雨やまぬ夜の底の告白(春畑 茜)

いつかするはずでいた告白はもう春の野原に溶けてひさしい(花夢)

告白をするほど深き罪ならず 昨日の日記を今日書いたのは(佐藤紀子)

もし一度戻れる過去を選ぶならあの告白の一時間前(お気楽堂)

告白も別れもうまくできなくてくつくつ歌を詠むしかなくて(あいっち)
2007.02.15 Comment:2 | TrackBack:0
若き日に器用貧乏と言われたる友あり洒脱に老いておりたり(西中眞二郎)

おとのないうみをとおくにみつめてるはるのあなたはさみしい器(飯田篤史)

<器量>とふ言葉は不思議 でかさより見た目ばかりが一人で歩く(ほにゃらか)

もう何度だきしめられて最近はあなたのかたちにくぼんだ器(暮夜 宴)

夏の夜、冷えたわたしのこころなどガラスの器にうつくしく盛る(花夢)
2007.02.15 Comment:0 | TrackBack:0
たちまちに午後のノートを埋めつくす誤訳の雨の五月暗澹(春畑 茜)

「そんなもの誤差のうちさ」とおほらかに笑ひ飛ばして忘れてしまへ(佐藤紀子)

せっかくの恋文ですが誤字脱字添削させていただきました(お気楽堂)

ニュースには誤爆ばかりが報じられ「正爆」なんて検索したり(ワンコ山田)

タートルの襟を鼻まで引き上げる 誤解するほど愛していない(ことら)
2007.02.14 Comment:2 | TrackBack:0
流行るとは儚きものをデパートに小妖精(エルフ)の服のごときがならぶ(春畑 茜)

流行が少し好きになってきてこれからたくさん笑うとおもう(わかば)

脇役の面目立ちて艶なりき萩原流行の不敵なる笑み(小早川忠義)

呆気無く誰かのココロ踏んでいく流行色のペディキュアの爪(愛観)

私たちこんな言葉を生きてきた渦巻く『新語死語流行語』(近藤かすみ)
2007.02.14 Comment:0 | TrackBack:1
落ちて来るしづくを雨と呼びながらこの子もいつか老いるのだらう(春畑 茜)

かなしみを両の手首に巻きつけて落ちてゆけない夜のばかやろ(暮夜 宴)

巧みなる罠に落ちたる心地して夏の終わりをじりじりといる(原田 町)

これ以上落ちてゆけない僕たちの抱き合ったここが世界の底だ(遠山那由)

段落をむやみにあけるこの紙を埋めつくすほどかなしくはない(みち。)
2007.02.14 Comment:0 | TrackBack:0
井戸に汲むはつ夏のみづ手ぢからに朝の滑車を軋ませながら(春畑 茜)

滑らかに「ごめんなさい」が出る君よ そんなに軽くてよいのだろうか(佐藤紀子)

夕焼けを背に振り向けばだるまさん滑って転んでだあれもいない(お気楽堂)

丘陵にきつねやたぬきの住まひたる岩滑に生れし新美南吉(Harry)

いつだって滑らかに話すそのひとをどうにも信じられないでいる(佐原みつる)
2007.02.13 Comment:0 | TrackBack:0
題詠百首より「私の好きな歌」には入れなかったけでれど、気になるお歌を紹介します。
傍若無人とも取られそうな、つたないコメントで心もとないのですが、初心者ゆえどうかお許しください。



そういえば薔薇の形の角砂糖この頃見かけぬもののひとつか(文月万里)

     さだまさしファンなら、見逃せないお歌です!(笑)
     
     ♪パンプキンパイとシナモンティーに薔薇の形の角砂糖ふたつ~♪
     (『パンプキンパイとシナモンティー』)

     でも、私はさだまさしさんのこの歌が作られた頃に薔薇の形をした
     角砂糖を見たことはないです。
     角砂糖の上に花の絵が絞りだされたもの(この頃よく、引き出物などで
     ありました)ならわかるのですが。
     さだまさしさんが歌っているのは、たぶん、それのことだと思うけれど・・・。
     それとも本当に薔薇の形のお砂糖があったのかなぁ?
2007.02.13 Comment:5 | TrackBack:2
甘いから砂糖のように溶けていた恋も過ぎれば捨てるしかない(本原隆)

甘夏と砂糖を煮つめゐる午後のこころにひらく遠きはつ夏(春畑 茜)

丁寧に葉をひらかせるひとときにすみれ砂糖のちいさな欠片(かけら)(青野ことり)

ホットミルクに砂糖をいれてかきまぜてもう忘れようもう泣きやもう(空色ぴりか)
2007.02.13 Comment:0 | TrackBack:0
わが町の兵士二人目戦死せるメキシコ系に今朝アジア系(アメリカ・中條喜美子)

母と居て娘となりぬ山の湯にともに老いたる足をゆらして(香川県・山地千晶)

指導者の視線は我に注がれてアルトの音がはずれています(奈良県・山口彰子)
2007.02.12 Comment:0 | TrackBack:0
つぎつぎとこぼれ種より増えてゆく匂ひスミレは雑草(あらくさ)に似て(Harry)

寝返りをうつあなたからあふれだす雨の匂いにまみれたいです(田丸まひる)

もう一つ家があるらし帰りきし猫は乙女の匂いを纏う(まゆねこ)

こいびとは匂いの薄い薔薇のよう触れて確かめずにいられない(ベティ)

くちづけを教わっているしんとした金木犀の匂う校舎で(佐田やよい)
2007.02.12 Comment:0 | TrackBack:0
無理するなと言いつつ無理を強いし日が我にもありしとふと思いおり(西中眞二郎)

無理強ひに国を愛せといふ国よ春の黄砂のごときちからに(春畑 茜)

無理したらあかんやんかと叱られて甘えていたい女(ひと)もありけり(寺田ゆたか)

ありったけの安心感を差し出してあなたは無理のあることをした(笹井宏之)

無理をせず苦労もせずに生きられない人生という真実を知る(柴田匡志)

割り切れぬ思ひに悩む金曜日『人は無理数で生きる』ものなのか(近藤かすみ)
2007.02.12 Comment:4 | TrackBack:1
絶え間なく銀の環を置きみづうみに春雪ゆゑのしづけさは降る(丹羽まゆみ)

銀色のちひさき匙にかきまはす春の世界の果てのさびしさ(春畑 茜)

銀の羽根、羽根、羽根、きみのスーツからあふれて今日はさようならの日(田丸まひる)

銀色の尾でふさふさと話しつつキツネの親子が夕日を歩く(フワコ)

キャラメルと銀色夏生にみたされて転寝をする 風は西より(新藤伊織)
2007.02.11 Comment:2 | TrackBack:0
朗読のひとは去りたり照明に脚ほそき椅子ひとつ残して(春畑 茜)

透明で折り目正しい朗読が占拠している春の教室(暮夜 宴)

ツン読になってしまった『朗読者』ページをひらく気持ちも失せて(原田 町)

人生を棒にふろうよ 小春日に成分表を朗読しあう(市川周)

スイッチがあれば切るのにあなたたちのぬるい朗読みたいな喧嘩(田丸まひる)
2007.02.11 Comment:0 | TrackBack:0
題詠百首より「私の好きな歌」には入れなかったけでれど、気になるお歌を紹介します。
傍若無人とも取られそうな、つたないコメントで心もとないのですが、初心者ゆえどうかお許しください。



空想で時にはメイドのような服着せられてみる脱がされてみる(睡蓮。)

     あふ、そうきましたか(笑)
     「脱がせる楽しみ」と「脱がされる喜び」ってどっちのほうが
     カインカン強いかしら?(^^;)
2007.02.11 Comment:0 | TrackBack:0
人形を土産にせむとラベル見ればメイド・イン・チャイナの文字薄く見ゆ(西中眞二郎)

雨に立つメイドの髪はぬれてをり枕辺の灯にひらく洋書に(春畑 茜)

そばかすのメイドのミリィ入室のノックの数は3、(間)、1、2(中村成志)

街角のメイド喫茶に帰り着くご主人様のまあるい背中(野良ゆうき)

マーメイドスカートの裾なぞられて息つぎなんて忘れてもいい(田丸まひる)

なにもかもホームメイドが一番のちょっとぬるめの男と暮らす(瀧村小奈生)
2007.02.10 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。