上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
題詠2007に参加された方のお歌を、ゴールされた順に鑑賞させていただいています。
作者様に敬意を表して、私なりに一所懸命コメントしたいと思いますが、的外れな歌評になるかもしれません。

******************


☆春畑 茜さん
ブログアールグレイ日和



001:始
四十四の歳始まれるけさにして弥生のみづに墨を触れしむ


002:晴
晴れゐるは空のみならずけふわれに雲雀のこゑのひかりが届く


006:使
使はるるその身の上に鵜は吐けりのみどの魚も美濃の真水も


010:握
まぼろしを握りゐし手か灯のもとにひらけば砂と雨の香のする


017:玉ねぎ
或る時は玉ねぎ五つさげてゆく花あふれ咲く左岸の道を


031:吹
雪雲の暗きをほうと吹きはらふ弥勒の口を春に思へる


046:階段
階段にこの手が鳴らす音あふれ カスタネットの われ の かなしみ


053:爪
いつかいつかこの子がわれの骨拾ふならむと思ふ爪切りながら


075:鳥
キヨ、キヨ、と声かろやかに啼く鳥よ木々のむかうに亡き祖母の名を


087:テープ
越後、甲斐、相模、駿河と名のあらばセロテープみなわれが買ひたし







002:晴
「こゑのひかりが届く」がいい。ひばりの鳴き声はひかりに似ているかもしれない。
(「001:始」の歌のつながりとして)こころ晴れやかにお誕生日を迎えられたようだ。


017:たまねぎ
想像して愉しい気分になる歌。
そう、あるときは花束をかかえて、あるときは子供をおぶって・・・。


046:階段
「カスタネットの われ の かなしみ」と1字空けに立ち止まらせる歌。
われ=割れ、ということか。


087:テープ
ああ、そんな渋い名前のセロテープがあったらいいなぁ。


******************


春畑 茜さんの歌集「振り向かない」「きつね日和」
2007.11.29 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1162-afabd1ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。