上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
題詠2007に参加された方のお歌を、ゴールされた順に鑑賞させていただいています。
作者様に敬意を表して、私なりに一所懸命コメントしたいと思いますが、的外れな歌評になるかもしれません。


******************

☆原田 町さん
ブログ カトレア日記


021:競
競売にかけられし土地三度目の春をむかえて菜の花咲かす


027:給
あゝ君よときに夕餉のしたくなど手伝へ給へと言ひても無駄か


034:配
目配りも心くばりも足らぬゆゑわれの幹事はいつもしくじる


060:キス
ホチキスの針ひとつづつ外しゆく燃える燃えないゴミの分別


073:像
立ち読みの「角川短歌」偶像の歌ぞかがやく栗木京子の


075:鳥
鳥葬か風葬もよしと思ふ日のチヨツトコイとぞ小綬鶏の鳴く


081:露
露霜の消したき言葉いくたびも零れ落ちたるわが口あはれ


087:ガムテープ
とりあへずガムテープ貼り言ひわけは後でゆつくり考へませう


094:社会
「社会性まつたくねえな」エスカレーター右に立ちたるわれへの罵声


096:模様
けふもまた模様ながめの夏空に積乱雲のぐんぐん昇る





021:競
競売の土地に菜の花が咲いているという歌なのだが、それだけで終わらず、後味があって良い歌と思う。「競売」という言葉がいろんなことを思わせて、今そこには黄色い菜の花がただ揺れているだけ、という。


027:給
配偶者へ言っているのだろう。面白い。


073:像
「偶像の歌ぞかがやく」がすてき。栗木京子さんの名前も効いていると思う。


087:テープ
詳細はわからないけれど、想像して楽しくなった。


094:社会
急ぐ人は右、急がない人は左(関西では逆。名古屋はどっちでも)というのは、便利なのか不便なのかわからなくなることがある。ラッシュ時にエスカレーター渋滞が起きるからだ。
急ぐなら階段へ行けば・・・と思っても、このごろは地下深く掘下げた駅が増えたし、大江戸線なんかは途中でギブアップしそう。
2007.12.04 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1238-a2dc1a74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。