上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
題詠2007に参加された方のお歌を、ゴールされた順に鑑賞させていただいています。
作者様に敬意を表して、私なりに一所懸命コメントしたいと思いますが、的外れな歌評になるかもしれません。

******************

☆うめさん
ブログ 今日のうた


004:限
子育ては期間限定なることを過ぎて知りたりふたりご巣立ち


013:スポーツ
釣書(つりがき)に趣味はスポーツ観戦と書きたるわれを夫は選びき


038:穴
わが心(うら)の小さき穴より滲(し)み出づることば掬ひて歌ひたきかな


045:トマト
初生りのトマトはげんこつ二つ分 両手に抱へ夫は帰り来


080:富士
富士額(びたひ)を出すと印象明るむと言はれて十年(ととせ)今も守れる





004:限
「ふたりご巣立ち」・・・二人のお子さんを育てあげた感慨を感じます。


過ぎてから大切なことに気づくということは、ままある。子育ても確かにそう。
いまやヒゲ面でスネ毛もぼうぼうの息子も、「おかあしゃーん、おかあしゃーん」とベッタリ甘えていた時代があった。
後追いされてトイレも落ち着いてできなかったことも、高い熱が出てつきっきりで看病したことも今ではなつかしい。
繰り返し繰り返し読まされた絵本、幼児向けのテレビ番組を見ながら一緒に歌ったり踊ったりもしたなぁ。
あの頃は、新米の親業に必死で、育児は終わりがないことのように思ったけれど、振り返ってみれば十年足らずのことだったんだ。


013:スポーツ
「釣書」が楽しい。今も仲良くスポーツ観戦されていらっしゃるのだろうか。


045:トマト
家庭菜園のトマトだろうか。嬉しそうな家人の様子が見える歌。
2007.12.07 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1239-f6f3c678
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。