上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
題詠2007に参加された方のお歌を、ゴールの順に鑑賞しています。
作者様に敬意を表して、私なりに一所懸命コメントしたいと思いますが、的外れな歌評になるかもしれません。

******************

☆橘 みちよさん
ブログ 夜間飛行


009:週末
週末を待たず斃れし長崎の市長の無念ひきうけてみよ

014:温
桜ちる夕べガリレオ温度計の球体たちは沈みはじめぬ

018:酸
遠き日のローカル列車に飲みしかな蜜柑ジュースの酸き味こほし  

040:ボタン
三月は冬のなごりのボタン雪合格通知をまだ受け取らず

046:階段
子を呼べば子は来ずなあにと言ふやうに猫が階段かけ降りてくる



009:週末
題詠には珍しい時事詠の体。
「週末を待たず」は適切か?「ひきうけてみよ」この提示はどうなんだろう?等、疑問も。

014:温
永井陽子さんの有名な歌をモチーフにしているのだろう。「球体たちは沈みはじめぬ」が良い。

018:酸
おそらく多くの共感を得られる歌。懐かしい、とか、そういえばそんなジュースを飲んだ記憶があるとか。
2008.01.13 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1316-a4b59d96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。