上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
つばくらめ泥をくはへて滑空す(東京都・滝川 賜)



季語(春):つばめ、つばくらめ

つばめが巣作りをする様子をそのままに詠んだ句であるが、春の喜びが感じられる。
春の泥のぬくみを思う。


二十四節季八十二候によると、「玄鳥至(げんちょう いたる)」(つばめが南からやって来るの意味)は、清明の初候、4月5日ごろとなっている。
今年まだ、つばめを見ていない。
2008.04.07 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1457-532012f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。