上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
※これもまた昔作った詩(歌詞)です。曲をつけて歌っていただいたことがあります。



翼~シベリアの空に~


もしも翼があったら 樹氷の森高く あの空を飛んできっと故郷へ帰ろう

何もかも凍りつくこの国で いつ終わるともなく繰り返される苦しみの日々

私を支えているものは たったひとつ母への想いだった

そうしてまどろむだけの夜を いくつ過ごしたのだろう

母さん、あなたの暖かい手が恋しい



もしも自由になれたら 白夜を駈けぬけ 東をめざして懐かしい町へ帰ろう

夢の途中で逝った友を 見送るしかなく嘆くばかりで

私が生きている理由は ただ母に会いたい それだけ

もうすぐポプラの綿毛が飛び 春に降る雪になる



母さん、私に翼があったら・・・



        (シベリア強制抑留兵の記録をTVで見てできた歌です。 )
2008.06.20 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1557-354f4ccf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。