上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
しあはせや一年分の梅漬くる(福岡県・徳永スキ子)



梅干作りは、なかなか手間のかかる作業だ。私も作ったことがあるが、一番面倒だなと感じたのは、天日干しだった。お天気のよい日ばかりとは限らないし、空気の悪い環境では逆に汚染するような気もした。しかも味が悪かったので、それ以来梅干し作りはやめてしまった。

作者はおいくつなのだろう。一年分の梅の重さは、しあわせの重み。今年も大仕事(梅干し、あるいは梅酒を漬ける)をこなせる健康のありがたみである。
2008.06.16 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1560-da76ffb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。