上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
黒髪と紅で埋まりし体育館「加油(がんばれ)、好(やった)、殺(しめた)」と熱し(広島市・小田優子)


「死ぬなんて初めてだからおもしろい」鶴見和子と笑う弟(長岡市・近藤こずえ)


自らのことだけ語る人の顔老いて行くとはこういうことか(筑紫野市・二宮正博)




1首目:北京オリンピックのシーン。そういえば「加油」と書かれた横断幕を持つ人たちがいた。「加油、好、殺」は「ジャアヨォ、ハァオ、シャア」という掛け声だろう。

日本と中国は漢字圏だから、言葉が離せなくても漢字で書けばなんとか通じるとか言うが、「殺」(シャー)などは誤解が生じるなぁ。


2首目:笑う弟は、哲学者の鶴見俊輔さん。亡くなる六日前の会話というから凄い。達観した姉弟である。私もこんなふうにあっけらかんと笑っていたいものだが。


3首目:他人のことはどうでも良くて、自分のことがすべてという人がいる。齢を取れば、さらに自己中度は高くなるらしい。自分のことだけ話す、自分が言いたいことだけ話す、それを聞いて他人が内心はどう思っているかなんて考えもしない。
2008.09.08 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/1721-5ed1a72a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。