上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
21日の朝日新聞に哲学者・中山元さんの興味深いエッセイがあった。「思考を読み解くためには、遅さというものが大切なのだ」と中山さんは言われる。(くわしくは21日のブログをご覧ください)
短歌の鑑賞にも通じる部分があるように思う。「作中主体=作者ではない」という暗黙の了解があるが、やはり作者の思考があっての作品なのだから。作者の思考に寄り添うことができたら、鑑賞は楽しくなる(はず)。
2009.02.24 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2171-7c6ed86c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。