上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「天声人語」に新聞短歌が取上げられていた。36年前の朝日歌壇で「小山ひとみさん」の短歌がよく選ばれたという。戦死した息子を詠い、多くの共感を得ておられたようだ。そして今は、ホームレス歌人・公田耕一さんが時代を刻んでいるとあった。筆者が「名もなきわれらの鼓動である」と称したところに新聞短歌の妙があると感じた。
2009.04.24 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2285-6ff9e18c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。