上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
去年より贈られるだけの日となりてつまんないなあ母の日なのに(大東市・元野陽子)


駅前の行き交う人を見守りつつ交番の巡査スクワットする(沼津市・森田小夜子)


岩かげの山椒魚に逢ひたくて五月の滝に濡れるジーンズ(箕面市・大野美恵子)




1首目:2年前まではプレゼント選びをする楽しみがあったのに、いまは贈られるだけになってしまってつまらないという。
品物を買いに行くのが面倒くさく感じるときもあったが、「この色のブラウス、母さんに似合いそう」とか「新しいバッグを買ってあげよう」とか思っているときは、確かに楽しかったなぁ。
「つまんないなあ」の口語が効いている。


2首目:つまり、路上でスクワットをしているおまわりさん。おかしみと、親しみやすさが感じられる。
テレビの雑学クイズで知ったのだけど、「交番」とは「交代で番にあたること」なんだそうである。


3首目:岩かげ、五月、滝、涼しげな言葉が続く。山椒魚に逢いたくて、ジーンズを濡らしても行くという。場面が見えてきて、印象のよい歌と思う。
2009.06.02 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2366-dfe2572b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。