上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
DSC01023.jpg

いきなり頭痛で、座ってもいられなくて鎮痛剤を飲んで横になっているところ。久しぶりに携帯から更新してみる。

さて今日は、娘の命日が近いということで、友人家族が墓参りに来てくれた。生前、娘が好きだったひまわりをひとかかえ持って。仏壇の分も頂いたので、家も黄色があふれて賑やかになった。早いもので来年は七回忌になる。今年、母の初盆だが、来年は母の三回忌もあるんだなぁ。
ところで何故か、皆がわたしが死んだ時の話で盛り上がっているので、ええっ?と思った。「夏椿を棺に入れてあげるから、花が咲いている時期にしてね」って。まだまだ葬儀の心配される年齢ではないはずなんだけど、妙に具体的な話で笑えた。
つまり、誕生日の頃にすればいいのね。西行みたく「願わくば沙羅(夏椿)の木の下に…」って辞世の歌も詠んでおかなくちゃいけないかな(苦笑)。夏椿が咲く時期は短いし(約2週間)、だいいち花屋に売っていないから、本当に沙羅の木に散骨してもらおうかしら。
しかし、お盆が近いからと言って、どうしてわたしが死ぬ話になっちゃったのか。不思議というより、何か因縁とか示唆を感じる。茂木健一郎さん流に「セレンビリティ」(偶然は必然)と思えてもくる。

さて薬が効いてきたら、明日の準備をしなくちゃ。明日は、小池さんの短歌教室の一回目。どんな授業かなぁ。ワクワク。
2009.07.12 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2413-92f8ddec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。