上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
チケットが入手困難な人気落語家のひとり、立川志の輔さんの独演会を聞きに行った。テレビ番組「ためしてガッテン」でお馴染みの、あの志の輔さんである。何度かチケットを取りそこね、やっと東京国際フォーラム・ホールCの三階席が幸運にも取れた。
私が贔屓にしている立川談春さんは古典落語オンリーだが、志の輔さんは新作落語系でまたひと味違って面白かった。機会があればまたお聞きしたい。
いただいたチラシ類の中に、笑福亭鶴瓶さんの「JAPANTOUR」(すごいタイトル(笑)のがあった。鶴瓶さんの落語は、6年ぐらい前に聞いたきりだ。鶴瓶さんがちゃんと落語をやる決心をされた頃、場所は渋谷の青山劇場だった。あの時、私は最前列の高座の真ん前の席で、連れが来られなくなって隣が空席になっていたのを鶴瓶さんに突っ込まれたっけ。
あの日の鶴瓶さんの噺は、面白かったけど、はっきり言ってヘタクソだった(苦笑)。あれから場数を踏んで、風格が出て来られたようだなぁ。久しぶりに聞きに行ってみようかしら?チケット取れるかなぁ。なにしろ、日替わりゲストが人気者ばかり。談春さんがゲストの回がいいんだけどなぁ。

チケットといえば、9月の国立劇場の「東大寺 修二会の声明」、取れなかった。13年ぶりの披露というので、春からずっと狙っていたのに。がっくり。
2009.07.16 Comment:5 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2417-fd00da68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。