上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
池袋にて。詠草は65首。わたしが今まで参加した中で一番多かった。初参加の方も数名いらしたようだ。今から思えば、司会がK池さんだったから参加者が多かったのかも。
したがって1首に平均5分程度の時間配分で進んだが、「何かしら意見を言いたくなる歌」と「意見が出にくい歌」の差異についてK池さんがちらっと言及されて、なるほどと思った。
わたしの歌は、「一首の中で言いきってしまっている」、「説明になっている部分がある」「どんな“君”なのか、そこを丁寧に」などコメントをいただいた。

研究会は、S谷さんのレポートによる「谷井美恵子」。短歌総合誌でたびたび読んだことがあるが、お歳を知って驚いた。現在87歳。しかし歌から受けるイメージは、50~60代だったから。研究会を通して、谷井さんの歌を見直した。たしかに「もっと評価されてよい歌人」だと思う。
明日は振替休日なので、気が楽になり飲み会に初参加。シビアな批評をした後にこそ、フランクな交流の場を設けることの効用を感じた。ちょっと怖そうなイメージのあった方が、意外にお話好きだったりで。親睦と言うにふさわしい飲み会だった。憧れのS井さんと少しお話し出来て嬉しかった。また参加できたらいいな、飲み会(笑)
2009.07.19 Comment:8 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2420-3ad3081f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。