上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
一瞬の涼被らんと保護帽に水を満たして置く昼休み(東京都・津和野次郎)

空席のリフトが海に向かいてはまた戻りくる鳥取砂丘(鳥取市・中江三青)

食べ終えてようやく丸い顔になり「あばよ」と野良猫伸びをして行く(さいたま市・菱沼真紀子)


1首目:建設現場だろうか、戸外で作業をしている人の歌。焼けるほど暑くなっているヘルメットに水を満たして、昼休みの間は冷ましておくのだ。「一瞬の涼を被らん」が胸に迫る。

2首目:固有名詞が効いている。人を乗せずにリフトが行き来しているという。シーズンオフか、あるいは観光客が少ないからだろうか。

3首目:満腹で穏やかな顔つきになった野良猫を、「ようやく丸い顔になった」と言っていいるところが面白い。そういえば人もそうだなぁ(笑)
2009.07.21 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2434-2b49285e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。