上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
早朝の地震にはヒャッとした。うちはほとんど揺れなかったけれど(体感では震度2ぐらい)、地の底からぐ、ぐぐ、ぐぐぐ、という感じで振動が伝わってきて、こりゃ、大きいのがくるかもしれないと飛び起きた。家人の携帯は、直前に緊急地震速報があったそうだ。
静岡は震度6で被害が大きかったが、東海地震に備えて防災意識が高い土地柄のせいもあるのか、死者が殆ど出ていないのは不幸中の幸いといえるかもしれない。

閑話休題。数日前の朝日新聞に短歌研究新人賞決定のニュースが載っていた。毎日新聞では、7月末には発表になっていたようだが。
今年の新人賞受賞者は、「やすたけまり」さん。Webでは「おとくにすぎな」さんの名前で活動されている(いた)方。題詠Blogで視点が面白い歌を詠んでおられたので、しっかり覚えている。たしか、コメントいただいたことがあったと思う。ほぼ同年代の方が新人賞を取られたのは嬉しい。選考時には年齢はわからなかったはずだが、ここのところ若者の受賞が続いていたから、ちょっと勇気をもらえた。

やすたけまりさん、受賞おめでとうございます。短歌研究9月号で、受賞作品「ナガミヒナゲシ」を拝見できるのを楽しみにしています。


やすたけまりさんのブログ「すぎな野原をあるいてゆけば」
2009.08.11 Comment:4 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2458-aedf7af7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。