上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
角川『短歌』9月号は、河野裕子特集。表紙にその文字を見ただけでワクワクして、レジに直行した。少し前に『河野裕子歌集』(1991年)を読んだのだが(『森のやうに獣のやうに』(全編)、『ひるがほ』(全編)、『桜森』(抄)、『はやりを』(抄)が収録されている)、どうもすっと心に落ちてこなかった。強い歌、大きな歌が多いせいだと思う。9月号を読んで、私は『歳月』以後の河野裕子さんの歌が好きなのだとわかった。つまり、40代後半からの歌。歌集の中では同年齢のユウコさんが、自然体で詠っている。
2009.08.26 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2478-448d7a3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。