上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
彼女の記憶の中での最良のポップソング/堂園昌彦


君がヘリコプターの真似するときの君の回転ゆるやかだった

青空を見下ろしたくてその昔君が道路に置いた手鏡

幻想の横須賀線に手を振ってありし日の音楽を聞き流す

リフレイン続くときだけこの部屋に溢れて飛んでいく夏鴉

口ずさむたびにあなたは夏の日の藤の匂いを生き直すよう

ほほえんだあなたの中でたくさんの少女が二段ベッドに眠る

私たち歯を磨いては美しい鯨の睡眠を話し合う

長い長い季節のまぼろしからずっと生えていた向日葵が今朝開く



                          9月19日朝日新聞夕刊より

どうぞの・まさひこ
83年、東京生まれ。
「コスモス」「pool」所属。
ブログ「冬陽の中の現代詩文庫」

2009.09.19 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2517-faa93f95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。