上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
20091012161853
諏訪神社の桟敷席で、おくんちの奉納踊りを鑑賞。おくんちの最終日(9日)のことを、「後日(あとび)」と言うそうです。
朝8時から続々と人が集まり始め、ふと振り向くと斜め後ろに、大還暦のコンサートに出演される平原彩香さんと、お父さんのサックス奏者・平原まことさんが座っておられました。
元船町の唐船、筑紫町の蛇踊り(3体で舞う)、油屋町の宝船ほか、盛りだくさんの出しもの。どれも甲乙つけがたく、みな素晴らしく。味わい深かったです。今年は、さださんのお母さんの実家があった今籠町が57年ぶりに復活。今籠町の出しものは本踊り(日本舞踊)でした。
旦那衆と呼ばれる羽織袴の人たちが、踊りが始まる前に桟敷に向かって、オリジナルの手拭いやお饅頭を投げてくれましたが、キャッチするのはなかなか難しい。じげもん(地元の人)にまじって「もってこーい」「しょもーやーれー」とアンコールの掛け声をかけるのも楽しかったです。
2009.10.09 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2544-ec0571d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。