上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
<7日>
友人ふたりと博多駅で合流したのが、23時すぎ。駅前のホテルにインして、ちょっとだけ部屋で呑んだ。話の流れから、明日は、大宰府に寄り道してから長崎に向かおうということになった。私とTさんは初大宰府天満宮だ。

<8日>
DSC01443.jpg
(西鉄福岡(天神)駅にて)

博多から小一時間。地下鉄で天神(西鉄・福岡)へ出て、そこから西鉄・大牟田線に乗り換え、さらに二日市で乗り換える。途中、さださんの歌にある『都府楼』という駅があった。降りてみようかどうしようか迷ったけど、政庁跡は駅から結構離れているらしいので諦めた。いつか行けるときが来るといいな。

大宰府駅に到着して、まずホームの駅名が書かれた看板に感動。大宰府といえば、やっぱり飛梅。「こちふかばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」。ふつうは、菅原道真のこの歌を思い出すだろう。まるまのわたしたちは、さださんの歌の『飛梅』をまず思い出してしまうのだった。
DSC01448.jpg  DSC01475.jpg
(看板横の電気のかさも趣がある)

参道の両脇のお土産店を物色しながら大宰府天満宮へ。小雨が降っていたし平日なので、観光客も少ないだろうなぁと思っていたら、外国人(アジア系)の団体客が多くてびっくり。日本語のほうが圧倒的に少なかった。もしかして、わたしたちだけと思うぐらいに。

DSC01454.jpg

楼門に、なんとも派手なブルーの龍。「登竜門伝説 飛龍天神ねぶた」とな。ネットで調べたら、夜になるとライトアップするらしい。そうか、だから「ねぶた」なのね。
ちょうど「特別受験合格祈願大祭」の期間中で、天満宮の中はこの鮮やかなブルーの旗がたくさん立てられていた。

「登竜門伝説」というのは

太宰府天満宮御本殿の欄間には、鯉の背に乗り登龍門へと向かう 文人貴族の姿が彫刻されています。
登龍門の伝説では、上流に登った鯉の中で、龍門の地にある険しい 瀧を飛び越えた鯉は、龍になるといいます。
龍は王者、即ち人徳を兼備した立派な人を指します。
天神さまの御生涯を登龍門伝説に重ねて、桃山時代、御本殿に彫刻 されたものです。


DSC01457.jpg  DSC01461.jpg
本殿前の右にあるのが「飛梅」。白い梅の花が咲くけれど、もちろん今の時期は葉っぱだけ。それでもありがたがって写真を撮るのは、さだファンぐらいかな(笑)

おみくじをひいたりお守りを買ったりしていると、雅楽の音が・・・ご祈祷が始まったようで、観光客が本殿に集まっている。わきに控えている巫女さんの薄いグリーンの着物に梅の花の模様が描かれていた。

DSC01462.jpg  DSC01471.jpg   DSC01473.jpg

(写真の人物は本文とは関係ありません)

さて、まるまとしては気になるところの「三つの赤い橋」。

心字池にかかる 三つの赤い橋は
一つ目が過去で 二つ目が現在(いま)
三つ目の橋で君が 転びそうになった時
初めて君の手に触れた 僕の指
手を合わせた後で 君は神籤を引いて
大吉が出る迄と も一度引き直したね
登り詰めたらあとは下るしかないと
下るしかないと気づかなかった
天神様の細道
          さだまさし『飛梅』 


三つ目の橋も転ばずにしっかり渡ってしまった。
お石の茶屋は、あいにく定休日。残念。ここで梅が枝餅を食べるのが、まるまの王道なのに。
DSC01466.jpg   DSC01469.jpg   DSC01464.jpg

ちなみに、おみくじは末吉と中吉。大吉が出るまでは・・・なんて拘らないところが、すでに若い娘じゃない証拠?(笑)
天神様にはつきものの牛の像。大宰府には大中小とたくさんあって、そのたびに撫でまくった。よく見ると、牛の足が金具で台座に止められている。持って行った人がいたのだろうか。重いだろうに。でも、小さい牛は玄関に飾るのにちょうどいい感じ。
アジア人観光客に大人気だったのが、「麒麟」の像。(動物のキリンではなく、ライオンのようなたてがみを持った馬みたいな)。中国では伝説上の動物だから、人気の理由はいわずもがな。しかもこの麒麟像は、キリンビールのモデルだとか。

都府楼にも九州国立博物館にも観世音寺にも行かなかったけれど、天満宮だけでもじゅうぶんに楽しかった。台風のおかげで、大宰府に行けてよかった。


そのほかの画像
DSC01451.jpg
参道風景

DSC01474.jpg
駅前の「風見鶏」

DSC01456.jpg   DSC01477.jpg   DSC01478.jpg


つづく

写真はクリックすると大きくなります。
2009.10.13 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2546-6abf49a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。