上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
<9日続き>

【今籠町】
52年ぶりの出演です。

傘鉾
DSC01609.jpg
上に乗っている鳥は、なにかわかりますか?
カラスではありませんよ~。
ワシです。


本踊り
DSC01611.jpg   DSC01613.jpg   DSC01616.jpg

今籠町は52年ぶりの出演。さださんのお母さんの里ということで、さださんも名誉奉賛会長ということに。残念ながら、今日は参加されていなかったようだ。前日(7日)、中日(8日)は参加されていたらしいので、今日は稲佐山で明日のコンサートのリハーサルなのかもしれない。
「まきもの」で、友人が手ぬぐいやおまんじゅうをゲットした。

「まきもの」とは

出演者がご祝儀を頂戴した人に差し上げる引出物を「まきもの」というが、くんちでは開演に先立って町の世話役や出演者が、一般観客席にこの引出物をばら撒く。大体は町じるしやその町のだしものに因んだ図案を染めた日本手ぬぐいが多い。




【鍛冶屋町】

傘鉾
DSC01617.jpg
からくり人形が乗っています。これは面白い傘鉾でした。

[高画質で再生]

鍛冶屋町・傘鉾

[広告] VPS



宝船
DSC01623.jpg   DSC01624.jpg   DSC01630.jpg
七福神による福踊り。七福神に扮しているのは、町内のお嬢さんたちだそうです。

DSC01633.jpg   DSC01634.jpg   DSC01635.jpg
DSC01636.jpg   DSC01638.jpg
オーラスは鍛冶屋町の船回し。今まで4回転半だったところを、なんと今年は7回転半に挑戦。かなり盛り上がりました。
こども囃子も頑張ってます。
「モッテコーイ」に応えて、片袖を脱ぐ姿(肩脱ぎ)はいなせでカッコイイです。
DSC01639.jpg   DSC01640.jpg
呼吸を整えて、もういちど最後の7回転半。
結局、7回転半を3回も!

DSC01642.jpg
奉納踊りを終えて、階段を下りていく船の後ろ姿。お疲れさま。
後方でロープをひっぱっている人たちは、階段を船がすべり落ちていかないように(階段にも見物人がいるため危険)バランスを取っているのです。


鍛冶屋町の記録はこちら→鍛冶屋町「宝船・七福神・傘鉾」ブログ
10月14日の記事で、動画を見ることができます。ぜひ!ごらんください。

DSC01644.jpg
興奮さめやらぬ「踊り馬場」
長坂(社殿に上がる階段)から撮影しました。
奉納踊りを見ているときは広く感じるが、実際は狭い場所。はじめて諏訪神社に来たとき、「この場所で、おくんちをやるんですよ」と言われても信じられなかったし。
撮り忘れましたが、各町の踊りの前には町内の乳幼児の顔見せもありました。チャイナ服を着た子どもを連れた若いお母さんたちもチャイナ服や訪問着を着ていました。赤ちゃんのころから、おくんちに参加しているのですねぇ。


はじめてのおくんち、テレビで見たのとはやっぱり迫力が違う。「モッテコーイ」、「ヨイヤー」の掛け声、シャギリの音、船まわしの子ども囃子に合わせた手拍子、出演者も観客も一体になっていくのがわかる。囃子の子どもたちの一所懸命さにも感動した。しかし、長崎の祭り男たちのカッコイイこと。
これはハマル!長崎がまた好きになった。
またいつか、おくんちを見に長崎に帰ろう。

長坂連の皆さんもお疲れさまでした。おかげで、おくんちを2倍楽しむことができました。
長坂の皆さん、ありがとう!



諏訪神社入り口(02年撮影)
DCP01952.jpg
長坂のてっぺんから見下ろした景色(99年撮影)
suwajinjya.jpg


ゲットしたまきもの
DSC01649.jpg
手ぬぐいとおまんじゅう

自由飛行館もおくんちバージョン
DSC01645.jpg


DSC01647.jpg   DSC01650.jpg   DSC01652.jpg
DSC01651.jpg

つづく
2009.10.15 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2554-842ce342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。