上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
1ヶ月ほど前の新聞のツイッターに関する記事が面白かったです。すでにツイッターを利用している知人もいますが、わたし自身はまだメリットが感じられないので手を出していません。新しいものをすぐ取り入れる柔軟性に欠けているかも。(ツイッターは、登録すれば誰でも140字以内で「今、友達と会ってます」みたいなつぶやきを書いて、すぐに公開できるもの・・・記事より)
記事によると、ワシントンの広域交通社がツイッターを利用して電車の遅延・運休情報を流しているそうですが、140文字内という制限があるために込み入った内容になると尻切れトンボになってしまうとか。これでは逆に利用者を混乱させてしまうでしょうね。公社は文章を短くする工夫をしているそうですが、画期的な解決策はまだないらしい。
記事の最後のほうで「だが私たち日本人には、17文字や31文字で宇宙でも恋愛でも表現できる俳句や短歌の伝統がある」と特派員氏は書いています。そうだよねぇ。短歌と俳句は、ほんとうに素晴らしい。詩のこころが、ぎゅぎゅっと凝縮されている。
2009.11.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2601-2a7035e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。