上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
076:住
佳きひとの住みたまへるかカーテンに風さわりゆく新しき家

077:屑
担がれてかんかんのうを踊りたり死人のらくだは屑屋の背に(古典落語『らくだ』)

078:アンコール
暗黙のルールのごとくアンコール乞ふ手拍子のたかまりてきつ

079:恥
恥おほきわが一生(ひとよ)なれ風のむた秋海棠はほろほろ散りぬ

080:午後
コンタクト乾ゐてたまらぬ冬の午後熊手担げるひと向かひ来る

081:早
題詠百首よみつつふとも早世の笹井宏之しのばるるかな

082:源
水源を指でたどりつ島原の湧水群を地図に見てをり

083:憂鬱
見るからに憂鬱さうな顔をしたをんな映れり地下鉄の窓

084:河
かうもりが飛ぶゆふぐれの河に来て小さく泣けり嘘つき少女

085:クリスマス
クリスマス色に輝よふタワーの下特徴のないひとりとなりぬ

086:符
生き別れはた死に別れこのむねに見えぬ符号が刻まれてゐる

087:気分
つれづれに敗者の気分湧ききたる夜はひらたくなつて寝るべし

088:編
三つ編みのアン・シャリーを友のごと思ひてをりき十ニのわれは

089:テスト
安易なる結論に至るをたのしみて心理テストのページをすすむ

090:長
お御籤に「気長に待て」と諭されし今年もわづかにひと月となる

091:冬
冬羽に変われる一羽飛び来たりきつとみなみへ渡るノビタキ

092:夕焼け
夕焼けの六郷土手に犬連れた人つぎつぎに現れて消ゆ

093:鼻
目鼻立ち整ひしをとこ懐に黒皮かぼちゃまるまる抱けり

094:彼方
彼方より来てかなたへ去り行ける雲は意志あるもののごとしも

095:卓
円卓にあいなくをりぬお一人様4万円のディナーパーティ

096:マイナス
今日もまたマイナスパワー撒き散らす権化のごとき同僚(とも)をおそるる

097:断
禁断の木の実なるかな人寄れぬなだりに枇杷の照りて実れる

098:電気
まくらべの電気スタンドかたまけて古い手紙を読みかへしをり

099:戻
暴風に弱いがたたる飛行機の払ひ戻しの列ののびゆく

100:好
「好か好か」が口癖なりし諫早のおじに電話をけふはかけなむ
2009.11.29 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2629-0c673615
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。