上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
「お金持ちになりたいよう」と言って子は人生ゲームのルーレット回す(和泉市・星田美紀)

調子はずれに聞こえても最後にはきっちり合ってた知床旅情(塩尻市・百瀬 亨)

こんなにも笑った頃があったのだ子育て時代の四人の写真(松戸市・猪野富子)


1首目:短絡的に子どもが漏らした一言にドキッとさせられている。そういえば、これに似たような経験がわたしにもあった。人生ゲーム、まだあるんだなぁ。

2首目:森繁久弥への挽歌。破調というほどでもないが(7/5/5/8/7)、「調子はずれ」に合わせたと思えばなかなか手が込んでいる。

3首目:「子育て時代の四人」の捉え方に迷ったが、おそらく家族四人ということで間違いないだろう。子どもが小さい頃のアルバムは、ほんとに笑顔がたくさん見える。我が家は、いまでは家族そろって写真を撮ること自体がなくなったなぁ。
2009.12.09 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2655-1091f80d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。