上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
この先に魔法使いが住むような古家がありてアロエはな咲く/佐山みはる

ぼうぼうと草生う庭に錆浮ける竿のごときが横たえてあり

「まだにえない」ふいに声せり大楠の下に車の窓ひらく時

「また夢になるといけねぇ」三遊亭円楽のサゲの間合いを真似てみるなり

                         ※三遊亭円楽=えんらく

CDに在りし日を聴く『芝浜』の夫婦喧嘩の緩急よけれ

さて、というさまに引退したき世の冬には冬の花を愛でつつ

連なれる赤い鳥居をくぐりぬけたどりつきたり天神様に



五代目・三遊亭円楽師匠への挽歌、掲載していただきました。
おりしも六代目・円楽になられる楽太郎さんの襲名披露興行が、3月21日から開催されます。
腰痛と相談して、どこかの寄席に聴きに行きたいと思っています。チケット取れるかなぁ。
2010.02.28 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/2757-aeaa31ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。