上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
湿度計九十超えてあのひとと会えなくなって三日が過ぎる(京都市・敷田八千代)


わが言葉聞こえぬテレビの政治家に向かい虚しき反論をする(沼津市・森田小夜子)


遺書ありき「一回死んで見るべい」とたった一行知覧に置いて(川西市・北浦 勝)



1首目:男性も同じなのかわからないが、女性はヘアスタイルが決まらないと外出するのがイヤになるという人が多い。湿度が高いとヘアスタイルは崩れてしまう。おまけに化粧も崩れてドロドロ・・・。むしむし暑くて、おしゃれもどこか手抜きになる。
これで人に会うのは結構苦痛。ましてや好きな男性にそんな姿は見られたくない女心。好きな人には毎日でも会いたいんだけど、自分から「会いたい」と言えなかったりもする。高温多湿の日本の夏は、恥らい忘れぬ乙女にとって宿敵に違いない。


3首目:そう書き残すしかなかった時代だったことに思いを馳せる。
「見るべい」は方言だろうか?どこの地方の言葉だろう?「見るべ」かな。
九州ならだいたい「見るばい」と言うように思う。
2007.08.21 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/962-4badc492
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。