上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
どこからか白い上着の現れてしばしを吾に先立ち歩む(有馬美佐子)


     短歌研究詠草 高野公彦選 佳作



太宰治の墓参のときの連作の一首です。
幽霊ではないと思うけれど、いつのまにか白いジャケットを着た初老の男性が墓地に現れたのでした。
2007.08.24 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://kinakotanka.blog57.fc2.com/tb.php/967-a3b13d43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。