上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
今日の佐田玲子さんのひなまつりライブ、欠席しました。というのも、恵比寿のライブハウス(天窓SWITH)の固い椅子が、いまの腰にはきびしいと思いました。玲子さんのライブも、なんだかんだで3時間近いですから。この5年ほど、皆勤賞だったのになぁ。残念です。きっと、お父様の思い出話をなさったでしょうね。お聞きしたかったな。
DSC02276.jpg
2010.03.10 Comment:0 | TrackBack:0
地元に着いたら、積もり始めていてびっくり。車が入れない狭い下り坂を行けば家まですぐなのですが、車が通らないだけに1センチは積もっている様子。こりゃ危ないかも・・・。
結局、バス停ひとつ先まで歩いて、急坂を避けぐるっと大回りして帰ることに。30分後、うちに着いたときには、コートはぐしょぐしょ。肩はコリコリ。腰が冷えてぐったりでした。明日には解けているといいなぁ。
今年になって冷え込みが厳しくなったので、桜の花がいい色になるんじゃないかなぁ。期待してよっと。春よ、こい。早くこい。
DSC02270.jpg
2010.03.09 Comment:0 | TrackBack:0
ぎっくり腰からちょうど1ヶ月。今日は、1ヶ月前と同じ内容の仕事をする日だったので、おっかなびっくりしながらの出勤でした。同僚たちの手助けで、同じ轍を踏まなくて済んでほっとしています。
朝の電車から、線路脇にたくさんの白い花束と黒い服の人たちが見えました。あれからちょうど10年なのですね。いまでも時々、「昔ここで大事故があったなよぁ」と思い出すことがあります。悲しいことがもう起りませんように。合掌。

DSC02267.jpg


2010.03.08 Comment:2 | TrackBack:0
最近、「生きている図書館」について知りました。これは、日ごろ出会う機会の少ない人と話をするという試み。障害者や性転換者といった人たちを「生きている本」として借り出し、30分間一対一で話を聞くということです。始まりはデンマークだったそうですが、日本に導入されて1年余。今後、どんな広がりをするのか期待したいです。

私にとって新聞を読むことは、経済学者、科学者、料理研究家、映画評論家、図書館司書らがいて、丁寧に説明をしてくれるような感じです。もっとも、興味がない記事は飛ばしてますけれどね。記者の方、ごめんなさい。
WEBでも新聞は読めるけど、紙媒体は残ってほしいな。切抜きの整理が追いつかないけれど(苦笑)。できれば、もうひとまわり小さいサイズにできないかしら。
そうそう、溜まった新聞を読んでいて気づいたこと。富山県が頑張っている!

DSC02264.jpg
2010.03.06 Comment:0 | TrackBack:0
ようやく金曜日。体中の力が抜けた感じで帰宅しました。月初めの忙しさに青息吐息で、風邪薬と栄養ドリンクを飲んで出勤した1週間でした。
週末は、お天気がよくないというし、家に篭って読みきっていない新聞と本を読み終えたいなぁ。
来週は、中一日休みを取っているのですが、ゆっくり出来そうもない感じ。結社誌に送る短歌がまだ出来ていないんですもの(汗)。
2010.03.05 Comment:0 | TrackBack:0
 朝日の夕刊コラムで、乃南アサさんが筆記具の悩みを書いておられた。社名や店名の入った促販のペンや、出先で急場凌ぎで買ったりしたものが捨てられなくてごっそり溜まってしまったという。中には30年以上も引き出しに眠るものもあるとか。十分に使えるから、捨てる理由が見つからなくて困っているそうだ。
 物書きさんだもの、普段使うお気に入りの万年筆とかあるに違いない。お気に入り以外は使わないけれど、そのほかの筆記具を無下に捨てることができないのは、貧乏性(乃南さん曰く)なだけでなく、文具が好きな面があるのだろうと思う。
 「使いかけでもいいんです」とどなたか言ってくださらないだろうか、と乃南さん。ハイッ!と手を挙げたら、譲ってくださるかしら(笑)。使いかけの筆記具でも、どこかに寄付できるとか、有効利用できる方法があるといいですねぇ。
2010.03.04 Comment:0 | TrackBack:0
わが家ではありませんが、宇宙にいる野口宇宙飛行士もお雛様を飾っておられます。見られるかな?→http://twitpic.com/16can6

DSC02262.jpg

そういえば、お雛様の飾り方に関東と関西で違いがあります。
関東では、男雛を左に置きますが、関西は右に置きます。もともとは、関東も関西と同じだったそうですよ。
これは、皇室で天皇が向って右に立っていたのに倣ったのだそうですが、現在の皇室では西洋の方法が入って左に立つようになりました。関東は新しい方を取り入れ、関西は伝統を残したというわけです。
野口さんが飾ったお雛様は、伝統にならって右置きですね。

2010.03.03 Comment:0 | TrackBack:0
このところ、この子に夢中です(笑)
[広告] VPS


ユーチューブで見た「寝姿」の動画は、最高にカワイイ。カワイイにもほどがある~って、この子にも言っていいでせう?
2010.03.01 Comment:0 | TrackBack:0
氷雨の一日。東京マラソンを見ていたら、走りたくなってしまった。実は、走る人に憧れている。といっても、ど根性系は柄じゃないので、長谷川理恵的ビジョガーになりたいなぁなど分不相応な願いを持って。しかし、体力的問題あり。腰も治さないとなぁ(完全に治るものなのか?)。ぎっくり腰で出歩かなくなったせいで、体重が増えてきているようだ。せっかくバナナダイエットしたのに。暖かくなったら、また町歩きにでかけよう。
2010.02.28 Comment:0 | TrackBack:0
先週の三谷幸喜さんのエッセイ、三谷さんの子どものころを想像してほほえましく読んだ。
東京でも二月になると必ず大雪が降ったそうだ。家族総出で、人間がひとり入れるぐらいの雪だまるを作ったこともあるという。そういえば二十年前に比べても、積雪の量は少なくなっているように思う。
幸喜少年は、雪が降ると必ず、棚に飾ってある姫路城のプラモデルを庭に出したそうだ。たまにイギリス近衛兵たちのフィギュアも一緒に並べたりして。「独特の黒い帽子が次第に白くなっていく、その妙にリアルな姿は、実に趣があった。寒い中を一晩中立たされ、人形たちはさぞ迷惑だっただろう。しかもイギリス兵なのに姫路城を警護させられて」(三谷幸喜「ありふれた生活」より)
ああ、子供心にはなんとも面白かったに違いない。私もやってみたかった。いや、今からでもやろうと思えば・・・(笑)

DSC02250.jpg
2010.02.27 Comment:0 | TrackBack:0
今朝はすごい霧でした。「ここは霧の都ロンドンか!」って感じ。と言っても、ロンドンでは霧を見ませんでしたが(笑)。
午前中は、ほとんどの飛行機が欠航になったんですね。義姉は、午後の便だったので無事に帰ることができましたが、欠航便の乗客がまわってきたので満席だったそうです。

DSC02247.jpg
2010.02.25 Comment:0 | TrackBack:0
キムヨナ選手、かっこよかった!浅田真央選手も安藤美姫選手も頑張っているなぁ。鈴木明子選手も11位となかなかよい感じ。明後日のフリー演技が楽しみです。

EMIの経営難のため、売却の話が出ていたロンドンのアビーロードスタジオ、歴史的建造物に指定されたそうです。これで、今後もし売却されても建物を壊すことはできなくなるらしい。
私は音楽家ではないけれど、このニュースとってもほっとしました。ビートルズを真似て、アビーロードスタジオ前の横断歩道を歩いてから、もう10年経つんだ~。
2abeyroad.jpg

3emihouse.jpg
2000年6月に撮影
2010.02.24 Comment:2 | TrackBack:0
11日ぶりに電車に乗って外出。そげんですさん(友人)から、出張のお土産をいただいた。ぎっくり腰に優しそうな椅子の店をさがして、穴場を発見。お料理は可もなく不可もなくだが、庶民的なレトロっぽさが落ち着く。たぶん、定番になりそう。
帰りの電車から、不思議なほど大きなオレンジ色の三日月が見えた。地元に帰って写真を撮ろうと思っていたのに、見えなくなってがっかり。
しかし、腰がまだなかなか・・・。同じ姿勢でいると、全身固まるっていう感じ。来週からの職場復帰が不安です。
DSC02234.jpg

2010.02.20 Comment:0 | TrackBack:0
同僚の言葉に甘えて、本日も休業。男子フィギュア見ました。高橋大輔選手、よかったわ。銅メダルおめでとうございます。
鹿児島の義姉が、今夜1泊するというので、おちおち寝てもいられず。なんとか義姉用の寝室を整えた。といっても、余分な部屋があるわけではないから、私の趣味部屋を提供するしかないわけで・・・。よおく見るとドン○ホーテのごとき様相に。ギックリ腰で片付けられなかったということでカンベンして~~。
今夜はネットもここまで。それでは、皆様、ごきげんよ~う♪
2010.02.19 Comment:2 | TrackBack:0
お休みしている間に、ついつい午後の再放送のドラマを見る習慣に。来週は仕事に復帰するつもりなので、続きが見られないのが残念。録画するか?(って、見るヒマなんてないのに)

特派員メモ(17日朝日新聞)に、おまじないのことが書かれていた。大雪で休校になるように、近所の子どもたちが「パジャマを裏返して寝る」おまじないをしたという。前日はすこぶる晴れだったが、一夜あけると数年に一度の大雪になっていた。もちろん、気象衛星によって大雪の予報は知らされていたのだけど、子どもたちはおまじないの効果だと信じているようだ。
これは、アメリカの積雪地帯で受け継がれてきた言い伝えらしいが、同じ行為が昔の日本にもあったなぁと面白く思った。こちらは、恋しい人に夢の中で逢いたいという切なる願いなのだけど。信じるものは救われる。かもしれない。

いとせめて恋しきときはぬばたまの夜の衣を返してぞ寝る(小野小町/古今和歌集)
2010.02.18 Comment:0 | TrackBack:0
腰痛プラス頭痛で、今日はPCすら開かず。呆れるほどよく眠れるのは、腰痛が軽くなってきた代わりに、風邪の症状が重くなってきたせいか。

面白い夢をいくつか見ました。なぜか新卒の小学校教諭になって、千葉のある町に赴任するんですが、アパートの部屋を妻夫木君とシェアするという(笑)。なんで妻夫木君が出てきたのかわかりませんが、交代で食事(と言っても、まるで実験のような粗食)を作ったりしていました。妻夫木君と、恋愛に発展しない感じがまたよかった。しかし、変わった作りの部屋でした。言葉では伝えきれないなぁ。
2010.02.17 Comment:2 | TrackBack:0
寝込んで一週間経ちました。風邪のせいか、今日は病院に行く気力も出ない。
同僚たちから「ちゃんと治してから出てきてね」とメールが来て、嬉しいやら戸惑うやら。風邪のせいで、完全復帰にはもう少し時間がかかりそう。でも、これ以上休むと迷惑が大きくなるしなぁ。悩むところです。
おまけにこんな時に、義姉から旅行のついでに泊まりに来ると連絡が。嗚呼。
2010.02.16 Comment:2 | TrackBack:0
風邪をひいてしまった感じです。病院とスーパー以外は出かけていないので、その行き帰りに冷えてしまったせいかしら。

14日の朝日新聞掲載の川上未映子さんのインタビュー記事、エッセイとのギャップが新鮮で面白かった。若いのに、案外、苦労人のようで、本当はこんなことを考えている人なんだぁと、ひととなりが少し分かった気がします。
「世界に、美しいものをもうひとつ置きたい」から作家になったという川上さん、ます気になる存在です。
2010.02.15 Comment:0 | TrackBack:0
腰痛で外出禁止のバレンタインです。

バンクーバー・オリンピック、開会式は見られなかったんですが、女子のモーグルは見ました。上村愛子さん、ほんとに惜しかった。でも、最後に金メダルを取ったアメリカの選手、文句のつけようがない素晴らしい演技でした。思わず目が釘付けになりました。
ところで、バンクーバーの消費税は12%だそうです。カナダ連邦消費税は5%、加えてブリテッシュコロンビア州の物品消費税が7%の内訳。もし、現地にオリンピック観戦に行ったとしら、宿泊費・飲食費だけでも大変。お土産を買おうとしたら、すぐに予算を超えてしまいそう。
カナダといえば、思い浮かぶのはメープルシロップ。純正のはお高いですが、やっぱり風味が違う。ワッフルにかけたり、ホットミルクに落としたりしてもいいですね。スコーンにも合うだろうなぁ。なんかちょっとリッチな感じでおうちカフェしたくなりました。どこかでカナダフェアやってないかなぁ。
2010.02.14 Comment:2 | TrackBack:0
下重暁子さんが『持たない暮らし』の中で、千利休の究極の美意識について書かれていた。
茶室につづく道や垣根の朝顔が一輪残らず摘み取られ、茶室に入った途端、花入れに一輪の朝顔。招かれた人はみな、その花の素朴な美しさにため息をついたという。つまり、一輪の朝顔を引き立たせるために、利休はほかの朝顔をすべて摘んだというのである。
ストイックなまでの利休の行動。削いで削いで、最後に残った究極の美。去年、日展で見た熊野古道の絵を思い出した。石積みの道を引き立たせるために、道の両側の木立をほとんど真っ黒に塗りつぶしていた。そのとき、歌を詠む行為の究極も同じだと強く感じた。


あれ、久しぶりに「である」調に戻っています。これからも「ですます」調と「である」調の混在で書いて行くと思いますので、ひとつよろしくお願いします。
2010.02.13 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。